【半グレ集団】「肩がぶつかった」と殴る蹴る 中国人の「怒羅権」初代総長ら2人が現行犯逮捕/東京・江戸川

怒羅権(ドラゴン)は、日本の首都圏を拠点とする、中国残留孤児の2世・3世や中国人からなる準暴力団。 「怒羅権」とは、「日本人に対する怒り、団結、権利」を意味する。中国残留孤児帰国者の一時入所施設「常盤寮」があった東京都江戸川区葛西で1988年に結成された。 怒羅権
20キロバイト (2,685 語) – 2019年4月18日 (木) 15:45

(出典 livedoor.blogimg.jp)

1 ばーど ★ :2019/04/29(月) 13:26:10.94

東京・江戸川区で通行人の男性に因縁を付け、殴る蹴るなどの暴行を加えてけがをさせたとして、暴走族グループ「怒羅権」の初代総長の男ら2人が現行犯逮捕されました。

中国人のジャン・ロンシン容疑者(49)ら2人は28日午前0時すぎ、江戸川区東葛西の路上で、通行人の男性(49)の顔を殴り腹を蹴るなどの暴行を加え、全治約1週間のけがをさせた疑いが持たれています。警視庁によりますと、ジャン容疑者らは当時、酒に酔っていて「肩がぶつかった」などと男性に因縁を付けたということです。ジャン容疑者は中国残留孤児の2世らで構成される暴走族グループ「怒羅権」の初代総長で、取り調べに対して「酒を飲んで覚えていない」などと容疑を否認しています。

4/29(月) 11:57
テレビ朝日系(ANN)
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190429-00000025-ann-soci

(出典 lpt.c.yimg.jp)

続きを読む

Source: ちまたトピックス∞

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする