【芸能】女優・釈由美子“給与未払いトラブル”報道に言及「正直困惑」 “事務所”経緯説明と一部否定!

 女優の釈由美子(41)が30日、自身のブログを更新。「ギャラ未払い」や「ブチ切れ独立」など一部週刊誌で報じられた件について言及した。

 釈は「この度、一部週刊誌に掲載された件でファンの皆様、関係者の皆様にご心配をおかけしてしまい、誠に申し訳ございません」と詫び「事務所のHPでもコメントがありましたとおり、この度の報道の発端はトミーズアーティストカンパニー代表の倉持氏が記者さんの取材にお答えして記事になったものです」と経緯を説明した。

 週刊誌の報道では、倉持社長が、未払いを「認めた」とした上で、元社員の「未払いが発生したことで、信頼関係は崩壊しています」などの話を交え“トラブル”を伝えた。

 釈は続けて「本来ならタレントの情報について、注意深く管理しなければならないはずの事務所から、不用意にこのような情報が出されたことに正直困惑しています」とし「記事の内容について誤解を招く間違った内容も多く見られましたので、訂正させていただきます。詳しくは事務所の発表の方でもお伝えしておりますので、ご確認頂けますと幸いです」と、サイトを掲載。

 さらに「デビュー以来、お世話になりました創業者のトミー社長が3年前に退任されてから、会社の代表が何人も交代するという混乱に翻弄されながらも、粛々とお仕事をさせて頂いておりました」と伝え「そのような背景のなか、今回のような報道で世間の皆様をお騒がせしてしまったことを大変遺憾に思います」との思いを吐露した。

 今後については「トミーズアーティストカンパニーと協議のうえ進んで参りますのでまずは、応援してくださるファンの皆様、かねてよりお付き合い頂いております関係者の皆様にご心配、ご迷惑をお掛けいたしましたことを重ねてお詫び申し上げます」と結んだ。

■トミーズアーティストカンパニーのコメントは以下のとおり

リンク先続く
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00000346-oric-ent
Source: エンタメが大好き!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする