【芸能】ネプチューン・名倉潤、うつ病で2カ月休養!18年6月ヘルニア手術「侵襲」で発症

 お笑いトリオ「ネプチューン」の名倉潤(50)がうつ病のため約2カ月間、休養する。所属事務所が1日発表した。

 名倉は昨年6月に頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアの手術を受け、10日間休養。術後の経過は良好だったが、事務所は「手術の侵襲(しんしゅう)という普段の生活圏にはないストレスが要因でうつ病を発症しました」と説明。「侵襲」とは「体が傷つけられること」全般を指す。名倉は手術によって生じた体の反応にストレスを感じ続けてきたようだ。

 ネプチューンが出演する日本テレビ「しゃべくり007」で名倉は、以前は前列に座りゲストらに鋭いツッコミを入れていたが、今春から後列が定位置となり口数も少なかった。視聴者からは「元気なさそうに見えるけど大丈夫かな」など心配する声も上がっていた。

 手術後のうつは、特にがんなど大病で報告されることが多い。術後が良好でも、漠然とした不安が続くことから引き起こされるとも考えられている。

 名倉は現在レギュラー番組6本を抱えている。休養前最後の仕事は先月31日、テレビ朝日「ナニコレ珍百景」の収録だった。名倉は「少しの間休養させていただきます。体調を回復させて戻ってまいります」としている。

 《ケガも手術も「生体に傷」ストレスに》「侵襲」は病気、ケガだけでなく、手術などの医療行為によって「生体が傷つくこと」の意味。体にとっては、ケガでも手術でも傷つくことは同じ。その「傷」に対して体が見せる反応には違いがない。横浜市の福田医院・福田伴男院長は「病気やケガをしてメスを体に入れることは、大なり小なり患者のストレスになる」と説明。真面目で神経質な人ほど、体調が悪かったり、体の一部に違和感があるなどのちょっとした症状も、以前受けた手術と結びつけ思い込んでしまう傾向があるという。「常に自分をストレスにさらしてしまっている状態。それが積み重なり自律神経のバランスを崩してしまった可能性がある」と指摘した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190802-00000023-spnannex-ent
Source: エンタメが大好き!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする