【芸能】TOKIOと関ジャニが2020年で活動休止へ?揺るがなかった錦戸の決意

 今年2月に嵐が活動休止を発表し、7月には長年、事務所を牽引してきたジャニー喜多川社長が死去。激動に見舞われたジャニーズ事務所に、さらなる混乱が起きそうだ。

「TOKIOと関ジャニ∞が、活動休止を視野に入れているといいます。2グループとも、’20年前後をめどに調整していると聞いています」(芸能プロ関係者)

 TOKIOが活動休止になるのは、メンバーの士気が落ちていることが原因だという。

「みんな“グループでやることはもうない”と考えているようです。特に長瀬智也さんは、音楽活動ができない状態にそうとうストレスを感じています。彼は自宅にスタジオを造ったり、プライベートで覆面バンドを組んだりするほどの音楽好きですからね」(同・芸能プロ関係者)

 『週刊女性』は、今年4月にも彼がグループのバンド活動ができないことへの不満を漏らしていたことを報じていた。

「もはやグループへの未練がなくなり、TOKIOは“空中分解”しているんです。最近は、彼らの代名詞とも言える日本テレビ系で放送されている冠番組の『ザ! 鉄腕!DASH‼』も、うまく回らなくなっていると聞いています」(テレビ局関係者)

 ’94年にデビューしたTOKIOは、音楽活動のほかにバラエティー番組でも活躍。今年は25周年を迎える大切な年になるはずだったが、昨年4月に状況が一変した。

「元メンバーの山口達也さんが未成年の女性に対する強制わいせつ容疑で書類送検され、翌月にはグループを脱退し、事務所も退所。TOKIOは大型音楽番組への出演は見送りになり、デビュー以来続いていたNHK紅白歌合戦への出場記録も途絶えました」(スポーツ紙記者)

 長瀬は大好きな音楽を取り上げられたことで、思いつめてしまったようだ。

「モチベーションが下がり、“ジャニーズ事務所の退所も辞さない”とまで考えているそうです。グループへの未練がないメンバーも多いので、TOKIOは事実上の解散になる可能性が高いでしょうね」(前出・芸能プロ関係者)

 ストレスを抱えていた彼を支えていたのは、ほかでもないジャニー社長の存在だった。

「彼が亡くなったいま、事務所に残る理由もなくなったんですよ。ただ、TOKIOは来年の東京オリンピック・パラリンピックで『フラッグツアー』のスペシャルアンバサダーに就任しています。TOKIOの活動休止は、それが終わってからになるでしょう」(同・芸能プロ関係者)

 長瀬は役者としての評価も高いため、最近は音楽以外の新しい道も模索している。

「周囲に “もっと俳優の仕事もやりたい”と話しているそうです。ただ、演じたい役柄にはこだわりがあるようで、昨年公開された映画『空飛ぶタイヤ』のように、シリアスな作品の役柄を演じたいようです。音楽活動が最優先であることに変わりないですが、すでに今後のことを考えているのでは」(長瀬の知人)

 ほとんどのメンバーがグループでの活動に見切りをつけてしまったが、国分太一はまだ未練があるようで……。

リンク先続く
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190806-00015800-jprime-ent
Source: エンタメが大好き!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする