【芸能】老舗冠番組「AKBINGO!」終了へ!AKB48グループ凋落の元凶は

 11年という長きにわたり続いていたアイドルバラエティー番組「AKBINGO!」が9月いっぱいで終了するという。前田敦子や大島優子ら一時代を築いたアイドルたちが歴史を作ってきた老舗冠番組だったが、最近では乃木坂・欅坂らの坂道グループの台頭で人気に陰りが見えていた。関係者はショックを隠しきれないという。だが、アイドルライターは意外な観点からAKB48グループの凋落を予想していた。

「海外アーティストとは違い、日本のライブコンサートでは撮影禁止が絶対。それによってライブの神秘性を保ちつつ、万が一パフォーマンスが低かったとしても表面化させないという手法が長年取られてきました。ところが2015年、HKT48が香港ライブの時にファンサービスの一環としてライブ中のスマホによる撮影可能タイムを始めました。当時としては超画期的なイベントに現場のファンは歓喜し、ツイッターによる拡散もあってグループの知名度アップにつながるなどいいことずくめ。ライブの集客に苦しんでいたチーム8も真似るようになり、ついにはAKB48本体の総選挙ライブでも導入されていったんです」

 ところが、この英断が自らの首を絞めることになっていったという。アイドルライターが続ける。

「撮影可能タイムの動画などは、当然ながら修正できずにツイッターやユーチューブで拡散されます。そこに映っていたのは、運営が世間から隠したいものばかりに変わっていったんです。小さな会場なのにチケットを完売させることができず、暗幕で覆い隠したステージ横や2階席の空席箇所がさらされたり、本来セクシーなはずのヘソ出しコスチュームからのぞく意識の低いメンバーたちのダルダルのお腹ばかりフューチャーされた動画もアップされるようになりました。叱咤激励のつもりだったのかもしれませんが、こうした撮影者のせいでファンは加速度的に減っていっていたんです」

 画期的なファンサービスが足を引っ張ったとは皮肉というしかない。

https://news.livedoor.com/article/detail/17009807/
Source: エンタメが大好き!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする