【芸能】欅坂46、全員選抜から選抜制に移行!新曲センターは平手友梨奈、フォーメーション&選抜メンバー17人発表!

欅坂46・9thシングル「タイトル未定」のセンターポジション&選抜メンバーが、8日深夜に放送された冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系/毎週日曜深0:35)にて発表された。

これまで全員でパフォーマンスしてきた欅坂46だったが、今回から初めて選抜制になることが決定。

センターは平手友梨奈。デビューシングル「サイレントマジョリティー」から9作連続で不動のセンターを務める。

選抜の人数は17人で、1列目(5人)は(左から)小林由依、松田里奈、平手、田村保乃、渡邉理佐。

2列目(5人)は(左から)武元唯衣、菅井友香、森田ひかる、守屋茜、佐藤詩織。

3列目(7人)は(左から)土生瑞穗、渡辺梨加、井上梨名、原田葵、関有美子、上村莉菜、藤吉夏鈴。

2期生で初の選抜入りを果たしたのは、松田、田村、森田、武元、井上、関、藤吉の7人。学業専念のために活動休止をしており、1年2ヶ月ぶりに復帰した原田も選抜入りを果たした。

2015年に誕生した欅坂46は、2016年4月の1stシングル『サイレントマジョリティー』から2019年2月発売の『黒い羊』まで、選抜制ではなく体調不良などによる不参加者を除くメンバー全員がシングルに参加。2018年末には、乃木坂46、欅坂46、けやき坂46による「坂道合同新規メンバー募集オーディション」にて2期生9人が加入した。

今回のシングルから“選抜制”になることが発表されると、ネット上では「全員選抜」「選抜発表」がトレンド入りするほど話題になっていた。

https://mdpr.jp/music/detail/1869283
Source: エンタメが大好き!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする